ブログ

WSL2 に Anaconda経由で JupyterLab環境を構築する手順

動機

  • Windowsで開発したPythonコードを、Linuxサーバーに移植する可能性がある
  • WSL2 + Docker + JupyterLab にしたいが、エックスサーバー(xserver.ne.jp) では Dockerデーモンが起動不可
  • WSL2 + Anaconda + JupyterLab でも事足りそう

事前準備

Windows の WSL2 に Ubuntu がインストールされていることが前提。

手順:Windows 10でLinuxを使う(WSL2)

Anaconda をインストール

AnacondaインストーラーのURLを取得

こちらLinux の 64-Bit (x86) Installer を右クリックの「リンクのアドレスをコピー」でURLを保存。

Anacondaインストーラーを実行

Windowsターミナルから Ubuntu を開いて、以下コマンドを実行していく。

参考:Windowsターミナルの使い方

# $HOME以下に作業フォルダを作成
cd ~
mkdir tmp
cd tmp

# インストーラーをダウンロード
wget https://repo.anaconda.com/archive/Anaconda3-2021.11-Linux-x86_64.sh

# インストーラーを実行
bash Anaconda3-2021.11-Linux-x86_64.sh

#
# Enter押下や yes を入力していくとインストール完了
#

# tmpフォルダを削除
rm -rf tmp

# パスを設定
echo "export PATH=~/anaconda3/bin:\$PATH" >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

# 正常にパス設定されていれば、バージョンが表示される
conda -V

# conda init で bashrc にconda初期化が記述される
conda init bash

# 保存
source .bashrc

# base環境に入る(conda4.4以降は source activate は非推奨になった)
conda activate base

# base環境のライブラリ情報を conda_requirements_base.txt に保存しておく
# (baseがおかしくなった際も、初期値を確認できるように)
# 全てのライブラリが列挙される(conda, pip どちら経由かも把握可能)
conda list -e > conda_requirements.txt

# base環境から抜ける
conda deactivate

Anaconda でTest環境を構築

# Testという名前の仮想環境を作る
# pythonバージョンを指定する(さもないと、baseのPython, pipを使用してしまう)
conda create -n Test python=3.9

# baseとTest環境が存在しているのを確認
conda info -e

Test環境で JupyterLab をインストール

conda install jupyterlab ではなく、pip install jupyterlab を使用する。
仮想環境内ではcondaではなくpipを使用する理由はこちら

# Test環境に入る
conda activate Test

# バージョンを指定してインストール(2022年1月30日時点)
pip install jupyterlab==3.2.8

# Test環境からいったん抜ける(そのままだとipythonのバージョンがなぜかbase環境のままだったので)
conda deactivate

# Test環境に入る
conda activate Test

# Jupyterカーネルを確認(この時点では、Test環境のカーネルが存在しない)
jupyter kernelspec list

# Anacondaの仮想環境をJupyterのカーネルに追加
ipython kernel install --user --name=Test

# Jupyterカーネルを確認(Test環境のカーネルが作成されている)
jupyter kernelspec list

Test環境で JupyterLab を実行

# ローカル作業用なのでトークンは設定しない
jupyter lab --NotebookApp.token=''

JupyterLab が起動しているので、ブラウザから http://localhost:8888/ にアクセス。

Notebook の Test を選択すれば、Test環境でPython作業ができる。

JupyterLab

備考

  • Test環境で使用するライブラリは、Test環境内で pip install する
  • Test環境が不要になったら、conda remove -n Test --all
  • 仮想環境を作るたびに、ipython kernel install --user --name= する
    • もちろん、仮想環境と JupyterLab を連携させる場合のみ
    • 既存仮想環境に追加で pip install した際は、別途Kernelを作る必要があるかも(Kernel更新方法不明)
  • タスクスケジューラにて、システム起動時に以下などを実行しておき、http://localhost:8888/ をブックマークしておけば簡単に起動できる
    • プログラム:wsl.exe
    • 引数:cd ~/Project/Jupyter; /home/ユーザー名/anaconda3/envs/仮想環境名/bin/jupyter lab --NotebookApp.token=''

 

-ブログ

© 2022 墾田ええねん! Powered by AFFINGER5