ブログ

エックスサーバー(xserver.ne.jp)に Anaconda, Flask を入れる手順(2022年1月時点)

事前準備

Xserver に Homebrew(Linuxbrew)が入っていることが前提です。

SSH で brewコマンド が使用できない場合は以下を参照下さい。

エックスサーバー(xserver.ne.jp)に Homebrew を入れる手順

概要

Python環境構築の際は、Anaconda にどっぷり乗っかるのが良いです。

(参考:データサイエンティストを目指す人のpython環境構築 2016

Anaconda をインストールするために pyenv を使用しますが、

あとで pyenv を使えなくして、常に Anaconda を使用するようにします。

Anaconda ではbase環境は使用せずに、用途ごとに仮想環境を用意します。

仮想環境内で Flask を pip install します。(conda install は使用しない)

pip後に conda するな という 公式声明 があるので、pip のみ使用します。

では、手順を解説していきます。(2022年1月時点)

pyenv をインストール

pyenv をインストールします。

brew install pyenv

次に、pyenv にパスを通します。

bashrc を使用する記事もありますが、環境変数なので bash_profile で設定します。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

anaconda をインストール

anaconda をインストールします。
「anaconda3-2021.11」の部分は所望のバージョンを指定します。
(参考:AnacondaとPythonのバージョン対応表

pyenv install anaconda3-2021.11

次に、環境変数の設定などをしていきます。

# 初回のおまじない
pyenv rehash

# anaconda を global で使用する pythonとして設定
pyenv global anaconda3-2021.11

# pyenv global や pyenv local を無視して、常に anaconda を使うためのパス設定
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/versions/anaconda3-2021.11/bin/:$PATH"' >> ~/.bash_profile

# 保存
source ~/.bash_profile

anaconda の事始め

base環境は触らずに、プロジェクトごとに仮想環境を用意して開発します。

(参考:2021個人的に最強だと思うPythonの環境構築

# conda init で bashrc にconda初期化が記述される
conda init bash

# 保存
source .bashrc

# base環境に入る(conda4.4以降は source activate は非推奨になった)
conda activate base

# base環境のライブラリ情報を requirements_base.txt に保存しておく
# (baseがおかしくなった際も、初期値を確認できるように)
# pip でインストールしたのみ列挙される
pip freeze > requirements_base.txt

# base環境のライブラリ情報を conda_requirements_base.txt に保存しておく
# (baseがおかしくなった際も、初期値を確認できるように)
# 全てのライブラリが列挙される(conda, pip どちら経由かも把握可能)
conda list -e > conda_requirements_base.txt

# base環境から抜ける
conda deactivate

Flask用の仮想環境を作り、インストール

# flask202_py376という名前の仮想環境を作る
# pythonバージョンを指定する(さもないと、baseのPython, pipを使用してしまう)
conda create -n flask202_py376 python=3.7.6

# 仮想環境に入る
conda activate flask202_py376

# どこのpythonを使用しているか確認
# ~/.pyenv/versions/anaconda3-2021.11/envs/flask202_py376/bin/python のように、仮想環境以下のpythonであればOK
which python

# Flask を pip でインストール(conda install は禁止)
pip install flask==2.0.2

これで Flaskインストール完了です。

Flask を使う際は、以下の手順で使用します。

  • SSH接続
  • conda activate flask202_py376 で仮想環境に入る

備考

仮想環境を別サーバーで再構築する際は以下。
ymlファイルに保存し、

conda env export > ファイル名.yml

別サーバーの$HOMEなどにymlファイルを置き、以下コマンド

conda env create -n 新たな環境名 -f ファイル名.yml

-ブログ

© 2022 墾田ええねん! Powered by AFFINGER5