ブログ

WSL2 Ubuntu に Docker をインストールする手順

動機

  • Docker Desktop が有料化 になったため
  • Docker Desktop には罠もあるので、それを使わずにWindowsでDocker環境を用意したい

事前準備

Windows の WSL2 に Ubuntu がインストールされていることが前提。

手順:Windows 10でLinuxを使う(WSL2)

WSL2 Ubuntu に Docker をインストール

Windowsターミナルから Ubuntu を開いて、以下コマンドを実行していく。

参考:Windowsターミナルの使い方

apt を最新にする。

sudo apt upadate
sudo apt upgrade

Docker をインストールするためのパッケージをインストール。

sudo apt install -y apt-transport-https ca-certificates gnupg-agent software-properties-common

Docker のGPGキーを取得。

curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

リポジトリを設定。

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

Docker をインストール。

sudo apt install -y docker-ce docker-ce-cli containerd.io

docker-compose をインストール。

sudo apt install docker-compose

Dockerサービスを起動。

sudo service docker start

 

sudo 無しで dockerコマンドを使えるようにする

sudo usermod -aG docker $USER
logout

 

インターネット接続設定

Dockerデーモンの設定ファイルを編集。

sudo vi /etc/docker/daemon.json

daemon.json にGoogleのDNSを追記して保存。

{
  "dns": ["8.8.8.8","8.8.4.4"]
}

Dockerサービスを再起動。

sudo service docker restart

 

Docker Hub に登録

Docker Hub でアカウント作成して、ログイン。
確認メールを Verify してアカウント作成完了。
コマンドでもログインしてみる。

docker login

 

Dockerサービスを常時起動

さもないと、dockerコマンドを実行できない。
PC起動時のトリガ操作として、以下をタスクスケジューラに登録。
プログラム:wsl.exe
引数:sudo service docker start

 

パスワード無しで sudoコマンドを使えるようにする

以下コマンドで sudoersファイルを編集。

 sudo visudo 

# Allow members of group sudo to execute any command の項目に以下を追記。
例えば、自分のユーザー名が hoge の場合は以下です。

hoge ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL

追記したら、Ctrl+O, Enter, Ctrl+X で保存して完了。

 

-ブログ

© 2022 墾田ええねん! Powered by AFFINGER5