ブログ

Nrealアプリの処理削減(ドローコール削減)

背景

  • UnityEditor の Stats を見ると、想定以上にドローコールが発生している(Batches, SetPass calls)
  • FrameDebugger で確認すると、UIテクスチャのドローコールが多い
  • Nrealアプリの実機でのCPU処理計測 のとおり、Rendering がボトルネック
    • 処理・メモリだと処理ネックなので、メモリ使用量は増えてもいいので処理を減らす方針がよい

結論

  • NRSDK側で左右描画しているので2倍のドローコールになっている(不可避)
  • NRSDK内のテクスチャをスプライトアトラスにすることで、ドローコールを4つ減らした
    • NRSDK Demo の HelloMR にて
スプライトアトラス前:ドローコール 13 スプライトアトラス後:ドローコール 9
FrameDebug_Before FrameDebug_After

方法

備考

  • NRSDKの左右描画によるドローコール2倍問題は、コマンドバッファで何とかしてほしいところ

-ブログ

© 2022 墾田ええねん! Powered by AFFINGER5